2017/12/03 18:41:03 | ballets

自宅のダイヤモンドを、なるべく高く買い取ってもらいたい…という場合や、自分のダイヤモンドをできるだけ長く愛用をしたいという場合には、その取り扱い方にも十分に注意を払う必要があります。そこで、高価買取りを実現させるためにも、普段からどのようなダイヤモンドの取り扱い方をすれば良いのでしょうか。
まず、ダイヤモンドの価値、そして輝きなどを持続させるためには、普段からのケアがとても大切であるといえるでしょう。ダイヤモンドはとても繊細なので、日常的にこのようにお手入れをすることが必要なのです。
まず、ダイヤモンドの日頃のケアとして重要なのが、着用した後は、必ず拭き取ることです。
ダイヤモンドには皮脂や油などが非常に付きやすくなっています。このため、着用をした後に拭き取らないと、汚れが溜まりやすくなってしまいます。特にリングやネックレスの部分には汚れが溜まってしまいやすいのでこれらは一日の終わりには拭き取るようにしましょう。
拭かなければ、輝きが失われてしまったり、透明感が薄れてしまいます。
柔らかい毛のブラシなどを使い、細かいところは拭いていくようにするとかなり長持ちします。
さらに、着用時などにも注意が必要です。常にリングを付けっぱなしにするという方も居ますが、水仕事の際には、必ず外すように心がけることが必要です。
また、化粧品、ヘアスプレーなども汚れの元になりますので、注意をするようにしましょう。石けんや、洗剤などにも気をつける必要があります。

 

ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!
ダイヤモンドの指輪をある買取店に売りに行ったら、ビックリすぐらい安い査定額だった。
仕方なく買取ってもらたが、そのあとでダイヤモンドを高く売る方法を教えてもらった。。。

2017/11/28 14:31:28 | ballets

女性の永遠の憧れともいえる美しい輝きを放つダイヤモンドですが、同時にその硬さも有名ではないかと思います。ダイヤモンドカッターや研磨用のものなどダイヤモンドを用いた工業用機械なども多く活用されており、その実績からも硬さは折り紙付きといえるでしょう。
しかし天然の物質の中ではかなりの硬度を誇っているダイヤモンドですが、実はちょっとした弱点があります。それは靭性が低いという点です。靭性とは割れたり欠けたりといったものに対する値なのですが、なんとダイヤモンドの靭性は7.5なのです。これは水晶と同じくらいであり、決して高い部類ではありません。ちなみに硬いといわれる所以となったのはモース硬度という摩擦や引っ掻いたときの傷に対する強さで、そちらは硬度10を誇っています。ダイヤモンドよりもモース硬度が高い物質もありますが、それらと比較してもトップクラスであることには代わりありません。
モース硬度は高いけれど靭性は低い、つまりどういうことなのだとわからなくなってしまうこともあるかと思います。簡単にいってしまえば研磨をするなどゆっくりと力を加えられるようなものには非常に強いのですが、ハンマーなどで素早く強い力が加わると粉々になってしまうということなのです。そのためダイヤモンドを叩きつけることがないように注意しておく必要があります。あまり、というよりもめったにないことかと思いますが、指輪にしていてうっかり壁などに手が勢い良く当たってしまったといったことが起こらないとも限らないため、綺麗な状態を保つためにも気をつけて取り扱いたいものですね。

2016/10/30 17:58:30 | ballets

ダイヤモンドは女性にとっては憧れの宝石です。特に婚約指輪市場では不動の第一人気を誇っています。投資目的で買うなら金の方が価値があるようですが、ジュエリーとして持つのでしたら、やはりダイヤモンドを差し置いて前に出る宝石はないでしょう。

 

ダイヤモンドと一言でいっても、いろいろな色があったり、クラスによって輝きが変わったりして、値段も手ごろなものから高級なものまで様々です。ダイヤモンドは色が無色のものほど価値があり、黄色味がかったり、色がついているるほど価値が下がると言われています。一般的に無色と認められているものはD,E、Fクラスまでと言われ婚約指輪でよく選ばれるのがこの3クラスのものが多いようです。クラスもVVS2くらいまでが最上と呼ばれています。

 

ダイヤモンドは金と異なり、最近はそれほどまれな石ではなくなってきているので、大きさやブランドにこだわらなければ決して手に入れられないような価格ではありません。同じダイヤモンドリングでも、ブランドのものになってくるとそれなりの高級石を使用し、また価格にはブランドバリューが含まれており、アフターケアも万全なので安心して購入することができます。女性なら同じダイヤモンドを購入するならやはりブランドのダイヤモンドが欲しいものです。万一買取してもらる時にもブランドものにはそれ相当の金額がつきますが、ブランドでないものにはあまりよい価格はつかないようです。結婚を予定されている方は、是非予算内でできるだけ希望にかなったダイヤモンドと出会えるといいですね。

2016/10/29 18:33:29 |

宝石の中で一番好きなのはダイヤモンドです。友人たちも宝石を自分で買ったりもらったりするなら、ダイヤモンドが一番が良いと言っています。ダイヤモンドに魅力を感じない女性は少ないですよね。高価なものなので欲しいと思ってすぐには買えないところも良いです。お金をたくさん使って買ったダイヤモンドのアクセサリーは、すごく大切にしないといけないと思います。

 

男性からプレゼントとしてもらうなら、やはりダイヤモンドが良いです。小さくても良いんです。大きな他の宝石と小さなダイヤモンドを選べと言われたら、私は絶対にダイヤモンドを選びます。輝きが他の石とは違うんですよね。小さくてもそのキラキラした輝きは、私の心をずっと引き付けて離しません。

 

ダイヤモンドの指輪、ネックレスなどいくつかもっていますがずっと大切にしていきたいと思っています。ダイヤモンドってどんなファッションをしても似合うところが良いなと思っています。色のついている石だとあう服、あわない服があるんですよね。ですがダイヤモンドはカジュアルな服でもフォーマルな服でも、どちらでも似合うのですごいなと思います。また、それをつけているだけで上品な雰囲気に見えるので便利ですよね。

 

最初はノーブランドのダイヤモンドで良いと思っていましたが、だんだんブランド物が良いなと思うようになりました。ダイヤモンドをつけているとどこのブランドなのかとか詳しく聞かれることが多く、ブランド物が良いなと思うようになりました。

2016/10/17 18:12:17 |

男性から女性に贈られる婚約指輪は、一般的にダイヤモンドを選ぶ方が殆どです。
世の中には、ルビーやサファイヤ、真珠など様々なジュエリーがありますが、なぜダイヤモンドが選ばれるのでしょうか。ダイヤモンドには、何者にも征服されないという意味があること、鉱物の中で一番硬いことなどから、永遠の愛が続く象徴として人気があるのです。無色透明でキラキラ輝くダイヤモンドは女性の憧れでもありますから、婚約指輪としてプレゼントすればきっと喜んでくれるでしょう。
以前は、男性の給料の3カ月分が婚約指輪の値段といわれていましたが、現在では約30〜40万台が相場となっています。のものが選ばれています。一番多い購入価格帯は、約20〜30万円、二番目は約10〜20万円で、カップルの年齢層や男性の予算によって購入金額は異なってきます。例えば、20代の場合は、購入者の60%が30万円以下のダイヤモンドを選んでいます。更に、20代前半では約25%が10万円台のもの、30代では、20〜30万円と10万円以下が同率というアンケート結果が出ています。
近年では、婚約指輪と結婚指輪を兼ねたエタニティリングにも人気が集まっています。エタニティリングは、もともと結婚後に夫から妻に贈られる指輪でしたが、エタニティ(永遠)という名前のイメージから注目されています。エタニティリングはリングの周囲を小粒のダイヤモンドで埋めたもので、お出かけにもつけることができる便利なものです。エタニティリングは、数万から30万円前後となっており、デザインの種類も豊富です。