イメージが変わってきた愛人

愛人というと、以前は日陰の存在というようなイメージがありましたが、最近はそれほど日陰の存在というようなイメージがなくなってきているようです。橋本マナミさんなど、愛人にしたいタレントというような言い方をされるようになって、愛人が明るいイメージになってきているのではないかと思われます。
愛人は妻と違って、男性の世話をしなくていいので、とても理想的な関係になるのではないでしょうか。ただ妻と違うところは、男性が亡くなった時に遺産をもらえるかもらえないかという点で、その他では愛人の方がいいとこどりでいいので立場としては強いというイメージがあります。
愛人になれれば、会う時だけきちんとしていればいいわけで、男性のために洗濯をしたり、食事の面倒を見たりする必要がなくて、一緒に楽しい時だけを過ごすことができるのでとてもいいです。
私は愛人希望で、愛人になった方が財産のことを除けば、いい関係を続けることができるので、愛人がいいと思います。生活感がなくて、いい時間だけを一緒に過ごすことができるので、妻という座に関わり合いを持たなくていいのなら、愛人が断然いいと思います。
ただし、不倫をしていたら、相手の男性の妻から訴えられることがあるので、バレないように気をつける必要があります。妻という座にしがみついていなくていいのなら、愛人関係を続けている方がいいと思います。愛人関係を続けるには自分磨きも必要なので、魅力的である必要があります。